空気圧が低いことで起きる3つのポイント

07.05

空気圧は車種や積載状況にによって異なります。タイヤの空気圧が低いと何がいけないのか。本当にタイヤにとって良いことは無いのです。具体的に空気圧が低い状態で走行を続けると出る弊害を説明します。

1、燃費が悪くなる。
2、乗り心地が悪くなる。
3、タイヤの寿命が短くなる。

空気圧が低くなるとタイヤの接地面積が多くなり、タイヤの転がり抵抗が増えます。転がり抵抗が増えるとタイヤを転がす力も高くなくてはいけません。結果燃費に影響が出てきます。

そして空気圧が低い状態だとタイヤの摩耗も早まります。路面との接触面が大きい状態だと擦れるとゴム面積大きくなりタイヤが減ります。結果、タイヤの溝が早くなくなれば交換を早くしなくてはいけません。つまりタイヤ交換時期が早まります。経済的に良いのは正しい空気圧に合わせておくことです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る