暑い夏こそタイヤのメンテナンスが大事な理由

07.17

外気温が25℃以上の日を「夏日」、30℃以上の日を「真夏日」、最高気温が35℃以上の日を「猛暑日」と気象庁が使い分けていますが、最近の晴れの日は猛暑日続きです。猛暑日の気温が35℃以上になるとアスファルトの路面温度は50℃以上になる様でが、気温が40℃になると路面温度は60℃に達する実験結果を見ました。温度が60℃になる季節はタイヤにもストレスとなり、車の走行時の摩擦が加わるとタイヤ内空気圧も高温になっていることでしょう。

タイヤのメンテナンスの項目で空気圧はもちろんですが、タイヤの外傷の有無や釘・異物踏みなどの目視点検、トラックやダンプでは後輪タイヤの石噛みが無いかの確認を気にかけた運転を宜しくお願い致します。

2018年「4月8日タイヤの日」タイヤ点検結果
これは「一般社団法人日本自動車タイヤ協会」が4月6日から13日にかけて全国8ヶ所で実施いたしましたタイヤ点検等の結果が「JATMAニュース」で発表されています。それを読んでみると、タイヤ整備不良の台数が乗用車系で21.3%で貨物系では19%、タイヤ整備不良の内訳では乗用車系・貨物系共に「空気圧不足」が1位でした。

タイヤ点検を行ったドライバーにアンケート、回答273 人の詳細。

Q1 エアゲージを使用したタイヤの空気圧点険は、主に誰が行っていますか?
誰が空気圧点検を行っているかについては、「ガソリンスタンドスタッフ」が 105 人(33.4%)と最も多く、次いで「カーディーラー」75 人(23.9%)、「ドライバー本人及び家族」68 人(21.7%)、「整備工場」39 人(12.4%)、「タイヤ販売店」18 人(5.7%)となりました。

Q2 それは、前回いつ頃行いましたか?
前回いつ頃空気圧点検を行ったかについては、「1 ヶ月前」と回答したドライバーが 123 人(45.0%)と最も多く、次いで「2~3ヶ月前」77人(28.2%)、「半年前」54人(19.8%)、「1 年以上前・覚えていない・全くしない」12 人(4.4%)、「1 年前」7 人(2.6%)となりました。

Q3 その頻度は、どれくらいですか?
空気圧点検の頻度については、「年 2 回程度」が 106 人(38.9%)と最も多く、次いで「2~3 ヶ月に 1 回程度」90人(33.1%)、「月 1 回以上」44 人(16.2%)、「年 1 回未満・覚えていない・全くしない」19 人(7.0%)、「年 1 回程度」13 人(4.8%)となりました。

Q4 空気圧以外のタイヤ点検は、主に誰が行っていますか?
空気圧以外のタイヤ点検を誰が行っているかについては、「カーディーラー」が 97 人(31.4%)と最も多く、次いで「ガソリンスタンドスタッフ」75 人(24.3%)、「ドライバー本人及び家族」68 人(22.0%)、「整備工場」34 人(11.0%)、「タイヤ販売店」13 人(4.2%)となりました。

Q5 その頻度は、どれくらいですか?

空気圧以外のタイヤ点検の頻度については、「年 2 回程度」が 94 人(34.6%)と最も多く、次いで「2~3 ヶ月に 1 回程度」68 人(25.0%)、「月 1 回以上」56 人(20.6%)、「年1 回未満・覚えていない・全くしない」30 人(11.0%)、「年 1 回程度」24 人(8.8%)となりました。

Q6 何を点検しましたか?
空気圧以外のタイヤ点検で何を点検したかについては、「タイヤ溝」が 221 人(29.0%)と最も多く、次いで「外傷」208 人(27.3%)、「釘・異物踏み」152 人(19.9%)、「石噛み」134 人(17.6%)となりました。

タイヤ点検アンケートは高速道路のサービスエリアで行われています。高速道路を走行しようとする車はタイヤ点検の意識は割と高いと個人的に思います。しかし最近ではセルフのガソリンスタンドが多く、タイヤのメンテナンスをお声がけすすスタッフも見かけなくなっているので、実際に街中を走る車をタイヤ点検したらもう少し結果が変わる様な気がします。

スタッドレスから夏タイヤに交換が終わって、仕事は一段落していますが、仕事はトラックやダンプのパンクやバーストの話が多くなっています。お仕事でお使いのお車のタイヤメンテナンスを気に掛けて、安全運転でお願いします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る